デンタルフロスでキラキラ~歯の汚れサッパリ~

歯科の道具と歯医者

ピックアップ

治療を受ける女性

デンタルフロスの効果

デンタルフロスには、虫歯や口臭の原因となる歯垢の除去などの他に虫歯の早期発見など様々なメリットがあります。虫歯や口臭だけではなく、歯の抜けなどに繋がる歯周病にも気づくため歯の異常を知らせてくれる役割も様々あります。

歯を磨く女性

種類による違い

歯ブラシにも様々な種類があると同様に、デンタルフロスにも様々な種類があります。最近は香りのある製品などもあり、自分にあったデンタルフロスを見つけましょう。様々なタイプの利点を把握した上で製品探しを行うのも一つの方法です。

デンタルフロスは万能

日常生活で欠かせない事の一つとして、お風呂や着替えなど衛生面でのケアは重要です。その一つとして歯磨きがあげられます。歯は、人の生活を行う上で欠かせない存在です。歯の役割として食べ物を細かく砕くことや、一瞬の力を出す際に踏ん張る場所としての役目もあります。そのような大切な役割の歯をケアすることは、重要な事です。歯のケアとして歯磨きが一般的ですが、毎朝、毎晩など人によってその頻度は様々です。歯磨きをすることで歯の汚れや歯垢の除去を行えるため、毎日欠かさず行う事が大切ですが、どうしてもそれだけでは落とすことの出来ない汚れが存在します。

歯磨きでは落としきれない汚れを除去する方法として最近注目を集めているのが、デンタルフロスという製品です。歯に関するプロである歯科医師たちも使っており、その効果は折り紙つきです。
毎日の歯磨きではどうしても落としきれない歯垢があります。特に歯と歯のあいだ、通称歯間とよばれている場所は、普段の歯磨きではなかなか歯ブラシの繊維が届かないため汚れや歯垢が残りやすいです。その歯間の汚れや歯垢の除去を行えるのがデンタルフロスです。デンタルフロスが歯に与えるメリットが大きく、その製品を使うか使わないかでは歯の衛生面に大きな差が出る可能性があります。普段の歯ブラシに一手間を加えることで、汚れや歯垢の無いキレイな歯の維持ができるのです。日頃のオーラルケアを継続することで、虫歯になりにくい歯を作るだけでなく、輝く白い歯に導くことが可能になります。

最新記事一覧

歯医者の設備

歯間ブラシとの違い

デンタルフロスと歯間ブラシは似て非なるものです。どちらも歯と歯の隙間に使う清掃道具ではありますが、歯間ブラシのほうがやや使い勝手が良いとされています。自分に合ったデンタルフロスを探しましょう。

歯科の道具

回数に注意

デンタルフロスを使用し過ぎると歯そのものを傷つけるため、悪影響をおよぼす危険性があります。一日一回だけでも、就寝前に使うだけで効果的なので時間帯を考えながらデンタルフロスを行いましょう。

歯の診察

使い方に気をつけよう

デンタルフロスを使用して血がでる事は、今まで取れなかった歯垢が原因の可能性があります。使い方を誤らないよう注意しましょう。デンタルフロスの使用法をインターネットで探すのも一つの方法です。